シンプルなサイト構成でサッと確認。日替わりでオススメAndroidゲームを紹介しています。

Androidゲームズ
会員登録 ログイン
このサイトについて
スポンサードリンク
有料/無料で絞り込む
ジャンルで絞り込む

アクションゲーム
RetroArch
価格 : 無料


 Google Play 更新日 : 2019/5/9
〈Android要件〉
 2.3 以上
〈インストール数〉
 1,000,000以上
〈バージョン〉
 1.7.7
〈提供元〉
 Libretro
3.9
25,604人
BACK 

プロモーション動画


ゲーム画面 ※クリックすると拡大し、ダブルクリックで閉じます。


ゲームの説明
RetroArch is an open-source project that makes use of a powerful development interface called Libretro. Libretro is an interface that allows you to make cross-platform applications that can use rich features such as OpenGL, cross-platform camera support, location support, and more in the future.

It comes with its own built-in collection of applications to provide you with a 'one-stop-shop' for entertainment.

Libretro and RetroArch are perfectly suited for creating games, emulators and multimedia programs. If you want to learn more, go to our website (listed below).


評価数とランキング順位の推移
評価数とランキング順位の推移

ゲームの評判
    ★4
  • 既出の情報だが、np2kaiコアのゲーム中、Options/Joypad to keyboard mapping/manual時のキー割当ては、np2kai/np2kai.cfg内のlrjoybtnが基準。■lr… \u003d xx xx表示の見方。・各位置は「空白入り4桁数値」で、「16進法数値の下2・1・4・3桁」で指定。■「libretro.hサイトのkeyboard表の各対応の数値」を「16進法」に直し、lr…の各位置に入力する事で、任意のキー割当てが可能。・例 RETROK_RETURN \u003d 13,は16進…0dで、0d 00。RETROK_F1 \u003d 282,は16進…11aで、1a 01。・1人目のUP/DOWN/LEFT/RIGHT/A/B/X/Y/L/R/Select/Startの12個が対象。■割当てと関係なく、UP、DOWN、LEFT、RIGHTに各自テンキーの8、2、4、6が、A、Bに各自Space、Returnが必ず混じる。■np2kaiをmanualにする事は少ないだろうが、この機能も試してみては。
  • ★4
  • Settingsでの知識。■Driver/①Menu Driver/変更→再起動で、uiの書式を変更可能。gluiが無難だが、簡素な②rgui等もある。・②のuiの表記は「日本語に非対応」、②のuiへのタップは、まともに出来ない事、②は「物理キーボード等の接続専用」である事に注意。・「常時、青い波間のようなアニメーションのxmb」、1.7.7(6)から新登場の「左右枠のあるozone」等は、好みなら。▲①を③nullか、Video Driver/を④vulkan or ③にすると、アプリが起動しないor真っ暗のままになるので、注意。(④は、④に対応機種なら大丈夫か?)■万が一の場合は、retroarch.cfgを編集か削除で対処を。■Playlists/History List Sizeで、⑤Load Recentの表示数を変更可能。・初期設定の⑤が多過ぎると感じるなら、ここで。■現在、アプリ最新版で感じる事。・androidのver以外に私の端末が未対応なのか、ui操作で止まる、強制終了が起きやすい。・今後の更新に期待。
  • ★4
  • Load Core→Strat〃が可能なコアか、②optファイルのないゲームを起動時、該当コアのQUICK M…の①Optionsで。◆①の③Create g…をせずに、アプリ終了で、④内部S…のAndroid/data/com.retroarch/files/⑤retroarch-core-options.cfgの中に、該当の①が保存される。・⑤は「アプリ終了だけで、その時の①が変更通りに自動保存」なので注意。・⑤の中の①に該当するゲームで、 ②がないものは、起動時、⑤が適用される。・ゲーム時の①を「コア単位」で指定したい場合に便利。■①の③を実行で、④の⑥RetroArch/configの該当コアフォルダ内に、該当の②が「ゲーム単位」で保存される。・②があるゲーム起動の場合、⑤の中の該当の①の有無に拘らず、②が優先される。 (この場合どちらも、⑤への上書きは、なし)■②を使うと、np2系コアならゲームごとに、CPU Base Clock、〃Clock Multiplierの指定等が可能。■・②と⑤はアプリ外から編集、削除も可能。・お試しを。
  • ★4
  • 1.7.7(6)更新。旧版からの変更部分、共通の重要な点等を紹介。■Input/Unified Menu controlsは内容が変わり「ui時とコア時のキー割当てを統一か、否か」の設定となり、物理キーボード等は接続だけで認識になった。■初回起動時、User/languageは、androidシステム言語を指定になった。・例 システム言語が日本語なら、uiも初めから日本語。■glui画面は、一度、画面上端か下端をタップして、statusbar表示中のみ、決定等を受付ける。■Load Coreで何かコア指定後、Informationを選択すると、Core Informationという項目があり、それを選ぶと、現在、選択のコア関連情報が出る。■uiのDriver設定等でアプリが起動しなくなる事があるが、対処法あり。・アプリ初回起動時、自動で、内部ストレージ/Android/data/com.retroarch/filesに、retroarch.cfgが出来るが、これを編集か、削除でもui設定を変更可能。(このファイルはアンインストールでは消えないので注意)■しかし、この更新は…。
  • ★4
  • 1.7.7(6)更新後。●Input/Unified Menu Controls/の内容が変更され、「ui画面とコア画面のキー割当てを統一か、否か」となり、物理キーボード等が接続だけで認識となった事について。・オフ時、ui画面用割当ては、自動で「上下左右…カーソルキー」「A…Enter」「B…BackSpace」「スタート(項目を初期化)…Space」「X(検索)…/」「L…PgUp」「R…PgDown」となる。・オフ時、「ui画面とコア画面のキー割当てが別々になる」以外に、ui画面で「L Shift」を押すと、選択項目の説明が表示されるので便利。▲ところが、オフ時のui画面用割当てには、なぜか「Y」割当てが用意されていない。・オンなら、「Y」割当てボタンでInput/Hot key…の各ボタン割当て選択時等、無用な項目を「キー割当て無し」に出来るのだが、オフ時のui画面用割当てには、それに当たるものがない。・この点を踏まえると、 Unified…はオンにした方がよく、新機能を活かしにくいのが残念です。

BACK 
このサイトについて | 本日のオススメ | バックナンバー | ゲームズランク | 新着ゲーム | アップデート | お問い合わせ
Copyright© 2017 Androidゲームズ. All Rights Reserved.